幾年前,本Blog曾在"Live2D讓您與老婆又接近了0.5個次元!"一文中,
介紹過"Live 2D"這款微調平面圖像、使其擬似3D效果的軟體,
雖然其目前實裝情形和另一家企業所販售的"E-mote"類似,
幾乎多僅用於遊戲立ち絵的動作與表情,好像無甚大用;
然而.....那可有可無的印象,恐怕已經是過去的事了!
Gigazine看到的報導,"Live 2D"的製作公司Cybernoid社,
於2014年末公開了預計推出的"Live2D Euclid"其介紹與功能展示影片,
根據官方介紹,"Live2D Euclid"將不僅僅只是2D的擬似,
除了能讓受Live 2D調整的平面圖層與3D模型相結合,
更可即時產生無縫插補、使其看起來有若真實的3D模型一般—
也就是,各位的二次元嫁終於又能再向前踏出0.5個次元了!
二次元航空機票熱烈預約中

(以下內容引述自Live2D官方介紹)
.....現行技術の「Live2D Cubism」では、1枚の原画を変形して動かすため、
動きの範囲が左右30°〜40°程度と限定的でした。今回開発した「Live2D Euclid」は、
複数の原画を変形しながらそれぞれをシームレスに連携させることによって、
全ての角度や表情において原画に忠実なまま360°の立体表現を実現します。
3D空間やリアルタイムでの描画も可能なので、本格的なアニメーション制作だけでなく、
ゲーム等のインタラクティブなコンテンツでの利用が可能です。
UnityやUnreal Engine等のゲーム開発環境やOculus Rift等の仮想現実との連携により、
ジャンル・メディアを問わず幅広く応用できる汎用的なCG技術です.....
.....2D・3Dのハイブリッドモデルにも対応
「Live2D Euclid」では、
2Dと3Dそれぞれのメリットを融合したハイブリッドモデルを作ることができます。
これまで蓄積した3Dの資産やノウハウと組み合わせることで、
2Dならではの魅力と3Dのダイナミックな動きを融合した新しい表現が可能となります。
今回公開したプロトタイプ映像のキャラクターも、顔や頭部は「Live2D Euclid」で作られ、
体は3Dで作られています。将来的には、「Live2D Euclid」とAutodesk 3ds MAX等の
3Dモデリングソフトウェアとの連携も検討しています.....
.....Live2D Euclidを使った新しいコンテンツ制作の始動
「Live2D Euclid」は、既に基礎技術の研究開発が完了し、3件の特許を取得しています。
現在はアニメーションやゲーム制作の現場での応用を想定したソフトウェアの開発を進めています。
既に一部の企業とは試験的なプロジェクトが進行しており、
現在も研究開発や作品制作のパートナーを募っています.....
.....
 

根據上面引述的介紹,舊版Live 2D的可動變形範圍原來有30~40度.....比以為的要廣呢?
不過新版Live2D Euclid則是號稱可藉多張圖形達到360度的無縫接合,
支援Unity或Unreal Engine等遊戲引擎之餘,Oculus Rift也沒被漏掉;
雖然有點好奇模型頸部的IK該怎麼調整,以及與場景shade的互動該如何計算,
但撇開技術性問題不管,這東西.....毫無疑問是走"賽璐璐風格"的3Dエロゲー商救星啊!
近7年前(好久)拆らぶデス3人物模組時就覺得這面數好像有點高,
改以Live2D Euclid演算能否節省資源或許還未可定論,但至少較容易製作;
尤其在精於2D繪圖的繪師到底還是比較多的情況下,若能弭平3D modeling的門檻,
那麼自TEATIME倒閉以來便有些沈寂的卡通渲染類エロゲー領域.....
一定很快就能迎接百花齊放的美好時代!(握拳)

更棒的是、Live2D Euclid對Oculus Rift的支援似乎不錯,
搭配力回饋VR TENGA什麼的完全是水到渠成啊! XD
接著就只等IK chain或motion capture技術再突破一些了

, , ,

typecurry 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()