愛無限空間
幾年前Norman於"用3Dカスタム少女搶先體驗SOM!?"一文中,
曾簡短提及TechArts3D於"テックアーツ3Dはエロゲ環境の未来を提案します"第一回,
所發想之"Mixed Reality"其可能應用;幾年過去,HMD的價格慢慢下降,
常人也能自行開發相關工具之餘,就連Google也推出Project Glass來參一腳,
然而就算前景可期,"用HMD把二次元角色顯示於現實中"這想法,
目前似乎仍是遙不可及.....但,那也只是"目前"而已了!

はちま起稿看到的報導,横浜國立大學的研究者庄司道彦,
便開發出了能抓取眼前綠幕影像、將CG合成於其上並及時回傳的軟體,
配合由古屋工業大学国際音声技術研究所所開發的"MMDAgent",
甚至還能與合成之角色進行互動對話─且,研究人員已經以"異次元"為公司名創業,
預計於三月就能買到該系統的試驗性開發工具包,進入自己的「愛無限空間」!

(以下內容引述自ITmedia)
.....ソフトウェアによって自在に姿を変え、会話もするという“変身ロボット”を横浜国立大が開発した。
2次元キャラを現実世界に召喚して会話を楽しめる日が来るかもしれない
.....
ロボットへの仮想キャラクタ映像合成システムの開発
.....緑色の人型ロボットをビデオカメラで撮影し、
コンピュータに取り込んで人物映像やキャラクターCGなどを合成。
リアルタイムにユーザーのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に映し出すという仕組み。
独自の画像合成アルゴリズムによって映像を欠損なく合成するほか、
音声インタラクションシステム構築ソフト「MMDAgent」の採用で、
ロボットに合成したアニメ風キャラなどと会話のやり取りもできるという
.....
.....1月には、同プロジェクトの研究者が出資してベンチャー企業「異次元」を設立。
事業化に向け、3月から開発キットを試験的に販売するとしている
.....
.....

ITmedia的報導寫的較為簡短,欲知詳細內容的話,
JST網站上的"科学技術振興機構報 第934号"有更完整介紹.
雖然還要一個約成人60%體型大的變身機器人才能確定CG合成目標,
就現今日常而言感覺有些累贅,不過倘若日後居家機器人普及,
將掃地機器人全合成可愛的メイド應該也是個頗有醍醐味的應用方式?
要跨越詭異之谷,這方法至少也比做成非人類好的多..... ww

可惜目前該研究者目前似乎沒有與オリエント工業一類公司推出共同企劃的打算,
否則要只要在那台綠色的變身機器人身上多開幾個洞,
"戴上HMD就能變成二次元嫁的Love Doll"這種超級發明馬上就出來了啊啊! XD


2300增補─
Gigazine的文章提供了更多該公司於ワンフェス2013年(冬)參展攤位的產品照片、
應用實景以及.....售價等資訊;根據圖片內容,USB 2.0攝像頭的版本要價45萬日元,
使用USB 3.0的則是50萬元,都預計在3月開放預訂,以下為介紹影片:

從圖來看,機器人其實比想像小很多呢.....這下就算真的和オリエント工業合作,
不也只有ロリ體型的版本可以選了嗎!?(丟筆)

文章標籤
創作者介紹

カレー補完計畫

Norman 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()